脳はブランドに騙される

お問い合わせはこちら

ブログ

脳はブランドに騙される

2021/10/07

ブランド好きな人は特定のブランドを身につけることによって強い感情と結び付く記憶を呼び起こすことにより、商品に付加価値をつけると言われます。

 

有名な研究で「ペプシチャレンジ」というブランドが脳に与える影響を検証したものがあります。

 

まずペプシとコカ・コーラを被験者に飲んでもらい味の好みと好きなブランドが一致するかを調べました。

 

その最中、脳内の活動をスキャンしました。主観的な快楽を感じる時に活性化する腹内側前頭前皮質の活動を調べました。

 

実験ではラベルは見せずに中身だけ飲んでもらいます。

 

するとあらかじめ報告されていたブランドと好みが一致しませんでした。

 

ブランドと味は別々に処理されていたわけです。

 

次にラベル付きで同様の実験をします。

 

するとコカ・コーラが好きだと答えた人は記憶と感情の回路が活性化しました。

一方でペプシを飲んでもこのような反応はみられませんでした。

 

コカ・コーラにだけ特異的に見られたこの反応は情動に直接訴えて判断を変化させるということで

 

エモーショナル・ブランディングと呼ばれています。

 

研究グループはさらに内側前頭前皮質を損傷した患者にも同じ実験をしましたがブラインドテストでの味の好みとブランド名を明かした場合の好みが一致したそうです。

 

つまり正常な脳の機能によってブランドの好みに判断が左右されてしまうことかわかりました。

 

感覚よりも思考によって美味しさもつくられているので「巷で流行っている。」「○○さんが美味しいって言ってた。」とテレビなどで取り上げられてブランド化された商品はプラスαですでに脳に美味しく感じさせられているわけです。

 

以前師匠が「頭で食べたい物じゃなく体が食べたいと思うものを摂りなさい。」と言っていたことを思い出しました。
 


美味しく感じることで不利益を被ることはあまり無いかもしれませんが過剰摂取や偏食になると体にも害を及ぼすので注意が必要です。
 


最近は気温変動が大きくなってきました。体調など崩さぬようどうぞご自愛下さい。
それでは。