腰痛や背部痛の原因が筋骨格系だけとは限らないので注意が必要です

お問い合わせはこちら

ブログ

腰痛や背部痛の原因が筋骨格系だけとは限らないので注意が必要です

2021/03/13

背部痛や腰痛の原因は筋肉や関節などの筋骨格系が原因だとは限りません。

内臓の痛みが離れたところで痛みとして感じる『関連痛』というものもあります。

写真のように内臓=お腹が痛むというだけではありません。
痛みの場所にもよりますが

胃潰瘍や胃炎、膵炎、腸炎などは背部痛で感じる場合もあります。
大抵の場合は腹痛や嘔吐もあったり炎症があれば発熱していることもありますので他の症状からも読み解けると思います。

臨床的には中年の女性がしつこい背部痛で悩んでおられておりましたが原因は胆石だったということもありました。

もしくは泌尿器系ですね
腎盂腎炎、腎結石、尿路結石。尿路結石などは疝痛といってかなり痛むので石の場所や大きさでも症状の強さは変わります。

もしくは婦人科系もあります。
子宮内膜症、チョコレート嚢腫、子宮筋腫なども腰痛と関連する場合もあります。

有名な関連痛としては心臓由来の痛みが左肩で感じるように原因と症状にズレがある場合があるので注意が必要です。

一般的には夜間痛というもので寝付いた後に痛みで起きるなど安静にしているにも関わらず痛むという特徴があります。

運動器由来であれば大抵動作時の痛むことが多いのでそのあたりも内臓との関連をにおわせる兆候なのでその様な関連症状がある場合は内科などの病院の診察を受けることをお勧めします。

何かわからないことや気になることがあればもりもり整体院までお気軽にご相談ください。
それでは良い週末をお過ごしください。