ソフトな施術でなぜよくなるのか。キネシオテープの件

お問い合わせはこちら

ブログ

ソフトな施術でなぜよくなるのか。キネシオテープの件

2021/03/05

もりもり整体院ではなぜソフトで優しい施術で良くなるのか。

コリが有ったり体が硬いところをご自身やマッサージをしてもらって強く刺激しないと変化しないのではないかと思っている方は多いのではないでしょうか。

しかし人間の体の表面には皮膚が全身をくるんでいます。

そして人間しかり動物しかり皺があります。
皺は張っているわけではなく程よい遊びがあります。

ここでわかりやすいのは写真にあるキネシオテープです。

キネシオテープはテープの弾力性を使って筋肉の作用を補助してくれるのですが貼り方は補助したい筋肉を伸ばした状態でテンションはあまりかけずに皮膚に添わせるように貼ります。

あまりテンションをかけてしまうと皮膚がひきつれてかゆみや赤みが出てしまいます。
テープを貼った後はもとの姿勢に戻すと皮膚は縮むようになるんたるんになります。

実際貼ったことがある方はわかるかもしれませんが貼ることによって可動域が広がったり動かしたときの痛みが軽減します。

それは強く固くなった筋肉をほぐすわけではないし皮膚のテンションを変えただけでそれだけの変化を実感できるのわけです。

人は筋肉だけでできてるわけでないので皮膚や筋膜、内臓などに変化が出るだけで快適な体を手に入れることができます。

ですからソフトな優しい施術でもっと表面の組織が変化するだけで必ず変化を実感できると思います。

それでは良い週末をお過ごしください。