『すべては宇宙の采配』を読んで

お問い合わせはこちら

ブログ

『すべては宇宙の采配』を読んで

2020/08/06

患者さんからお勧めシリーズで

奇跡のりんご農家こと木村秋則さん著

『すべては宇宙の采配』を読みました。

 

木村さんは22歳の時に青森のりんご農家に婿養子として迎えられそこから農薬にアレルギーを持つ奥様ということもあり無農薬・無肥料での自然栽培を目指し10年余りもの試行錯誤をするというお話です。

 

表紙をご覧いただくとお分かりいただけると思いますが非常に純朴なお人柄が写真からも良く伝わってきます。

 

木村さんのご苦労は大変なもので無農薬では基本的には害虫を増やしてしまうということで周囲の農家さんからも煙たがられ、当初はうまくいかずに「あいつはバカだ。」とか「かまど消しだから相手にするな。」と蔑まれ回覧板もとばされてしまうように村八分の状態にも負けずご家族の支えもあり乗り越えていくというある意味サクセスストーリーと言ってしまえば味気なく感じてしまいそうですがそれだけの話にとどまりません。

 

木村さんが経験したあっと驚くようなお話や農業以外からの考察などはとても面白く不思議なお話で個人的には興味深く拝見いたしました。

 

ご家族に関しても涙失くしては読めないような献身的な支えですが、それも木村さんのお人柄があってのことだと思います。

 

細かいことは書きませんが是非ご興味のある方はぜひご一読ください。

読み始めるとノンストップで最後まで読めてしまうと思います。

それでは